GDPの伸びと株価の相関性はあまりない??と本で書いてる...なんでだ??

長期投資のブログです!!
ランキング登録中!1日1クリックのご協力お願いします!!



ウィキの情報


GDPとは・・・

国内総生産(こくないそうせいさん、GDP : Gross Domestic Product)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである


付加価値の総額??どういう事か分からんけど,まあ,単純に営業利益と考えましょう.(違うかも)


という事は!!

利益の成長と株価は相関してもいいのではないのか??と考えてしまう.


ええ??ちゃうの??


この本の中にちょこっと乗っていたのです.




(まだ,私の中では結論が出ていない...)


ジェレミー・シーゲル博士もそういっているみたい...

(まだ読んでいない,買ってもいない)



なぜ??そんな事起こります??


私なりに考えた可能性

①新興国の成長だけど,結局海外の企業が支配している(コカコーラ,ナイキ,ダノンなど)
②インフレが起こりすぎているために,実質の成長率が低い
③成長率が著しいのにもかかわらず,市場の評価が低い(PERが極端に低い)
④新興国市場は,成長が著しい時に企業価値を超えて株の評価をしている(PERがバブリー)

考えられるのはこんなもんか・・・


こんな事起こるか??

①について,利益は確実に増えているんだから,新興国の企業もその恩恵を受けていて当然ではないのか??
②について,インフレは起こるけど,実質経済成長率はプラスじゃないのか??
③市場の評価が低いと言っても,その新興国の平均PERが5倍になることはさすがにないでしょ!!
④さすがにPERが50倍になることないでしょ...日本みたいに...なるかもしれないかな...

というわけで....


私は迷っているのです....

GDPと株価に相関関係がないのは,矛盾なのではないか??
どんなパラドックスが起こっている??


もうちょっと調べる必要がありそうだな.


1日1回,ぽちっと2回お願いします
ご協力よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資 ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • GDP成長率と株式リターン率の関係(GMO)

    Excerpt: 拝見しているブログ『賢明なる投資!バフェる!グレアムる!フィッシャる!』で取り上げられていた「GDPの伸びと株価の相関性」の話題が気になっていました。この話題は過去にも各所で登場していますが(梅..... Weblog: 節約発投資行き racked: 2012-08-16 22:00