賢明なる投資!バフェる!グレアムる!フィッシャる!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「生涯投資家」を読んだ。。。

<<   作成日時 : 2017/12/29 02:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生涯投資家(村上ファンドで有名な 村上 世彰 著)を読み終わった。。。

私にとって、この本は今年一番読んでよかった書籍だった。
おすすめの本である。





村上ファンドというと、インサイダー取引で捕まった悪人というイメージが世間でついていると感じている。

私も当時学生だったが、村上ファンドはお金儲けに走って企業を壊す団体と思っていた。
逮捕された時も、出る杭は打たれるというか「やっぱりな」といった印象を持っていた。

でもこの本を読んで村上さんの考えを確認すると、印象は180度変わった。
7つの習慣でいう「パラダイム変換」というやつである。


上場の意味とは何か?コーポレートガバナンスの無い企業はどんなことが起こりうるか?コーポレートガバナンスが無い企業を標的に(少々強引に)株を買い進めて、よりよい社会を作るための努力をした結果どうなったか?
等について書かれている。それと将来の日本についても。


ここまでコーポレートガバナンスについて研究し、お役人からプレーヤーになって世の中をいい方向に変えたいという思いを強く持った人はいないのではないだろうか?

強引なところはあるにせよ、従来のぬるま湯につかった経営者・企業に活をいれ、内部留保にて何も生み出さない貯蓄ばかりするのではなく、上場という(誰もが株式を購入できる)パブリックの企業になることで、買収の危機も受け入れる。そして、買収されないように企業価値を高める必要があり、世の中のコーポレートガバナンスを高めようとする姿勢は尊敬に値する。


逮捕された案件については、正義の違いについて考えさせられますな。
(良くわかったのは、出る杭は打たれるという事(笑)。)

インサイダー取引で捕まった理由も、村上さんも述べている通りだが、私も違和感を持ってしまった。
(可愛そうだという言葉が当てはまります)


いずれにせよ、村上さんは非常に合理的な考え方であることが分かりました。
是非、コーポレートガバナンスを強くする仕組みが日本にも浸透するといいですね。


投資とは関係ない内容になるが、びっくりしたのは、日本国は出生率を増やす必要があることを指摘し、その方法は第一子を出産すると祝金として200万円の給付を行うという事について、私の妻によく言っていた話とまったく一致していたこと。

そのあとも、第2子、第3子生むごとに祝金を増やすのがいいのではないかと言っていることも、私の考えとまったく一致していた。

藤田田さんの言っていた過激な発言であるが、「これから死ぬ老人を相手にしても始まらない。これから生まれてくる人間を相手にしろ」といった内容も思い出す。
※マックのハンバーガーの話です。

個人的に、ウチのおばあちゃんには長生きしてもらいたいという気持ちが強い。しかしながら、将来、子供たちがどんどん減っていく国というものは、中々さみしいものではないだろうか。

毒は吐きたくないのでこれくらいにするが、生まれてくる子供たちがたくさんいて「日本は元気いっぱいの子供たちで溢れているからこれからも日本は安泰だねー」と言えるような輝かしい国になってもらいたいと妄想。
まあ、今のままじゃ無理である。

お勧めの本です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


現在の閲覧者数:





応援お願いします

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
長期投資ブログ
株式長期投資ブログ
blogram投票ボタン



バリュー!価値!


  • 澤上篤人の長期投資家日記
  • 節約発投資行き
  • 投資家モーちゃん日記
  • エナフンさんの梨の木
  • バフェット株 長期投資の道
  • 長期投資で資産形成
  • まったりとアメリカ株へ投資するブログ
  • 海坊主日記

  • 素敵なブログ集




    お勧めサイト












    「生涯投資家」を読んだ。。。 賢明なる投資!バフェる!グレアムる!フィッシャる!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる